蜂駆除業者が梅雨時期に蜂駆除をすすめる理由

梅雨時期に蜂駆除をおすすめ先日、大阪で大きな地震が起きました。
被害にあわれた方々には、心からお見舞い申し上げます。
私も親戚や知人など、大阪や兵庫に住む者に連絡を取り安否を確認しましたが、
やはり地震直後はなかなか電話が繋がらず、混乱が生じていたようです。
日本全国、いつ大地震が起こるかわかりませんので、日頃から非常時の備えを怠ってはいけないと身の引き締まる思いです。

さて、6月も後半に入り梅雨真っ盛りとなっております。
今日も大雨の地域が多いようですが、いかがお過ごしでしょうか。

梅雨というと、人にとってはとても不快な気候でありますが、
蜂はどう過ごしているのでしょうか。
雨が降るとハチの姿を見る機会も少なく、おとなしくしてる印象ですよね。

雨にぬれると蜂も羽が濡れて飛びづらくなるため、巣でじっとしていることが多いようです。つまり、巣の外にでかけている蜂が少ない。この間であれば丸ごと巣と蜂を駆除できる、最適な期間であるといえます。
ただ、大雨となると駆除薬剤の効果が薄れてしまいますので、雨をしのぐことができる場所に巣がある場合がおすすめとなります。

梅雨の間、女王バチは卵を量産し、幼虫が急速に羽化し始めています。
梅雨明けには、その働き蜂が活発に活動し、巣は急速に巨大化し危険です。
まだ小さい状態であるこの時期に、丸ごと蜂の巣を駆除するのがおすすめです!

対応エリアは埼玉・茨城・東京・千葉
ハチの巣を見つけたら08099815941
メールで問い合わせ